​大崎麻子 
 
​関西学院大学客員教授
​元UNDP(国連開発計画)職員
 
ジェンダー主流化
​国際協力
​目黒依子 理事長
上智大学名誉教授
元CSW(国連女性の地位委員会)日本代表
社会学
​社会資本とライフコース分析

特定非営利活動法人Gender Action Platform(GAP)は、グローバルに活躍してきたジェンダー平等と女性のエンパワーメントの専門家によるシンクタンクです。国内外での調査・プロジェクト・先進事例から得た知見・情報・ネットワークを提供します。

VISION: 女性と男性が性別による差別を受けることなく、自分の生活や人生における選択肢を自分で選び取り、家庭や社会において尊厳をもって生きることができる世界

MISSION:グローバル経済・社会において共有されている、持続可能な開発目標(SDGs)やESG投資などの新たな価値・枠組み・動向を踏まえ、日本の政府・企業・市民社会が必要とするジェンダー主流化及び女性のエンパワーメント(女性活躍)の推進に関する情報・知見・アドバイザリー・サービスを提供すること。グローバルに通用する「ジェンダー視点」を持つ人材を育成すること。

Gender Action Platform(GAP)について

ケイス・ウエスタン・リザーヴ大学大学院博士号(社会学)、東京大学大学院修士号 (社会学)。家族社会学や日本のジェンダー研究創成期より、各領域の研究・教育に携わる。国連総会日本政府代表代理、国連女性の地位委員会日本代表、国際機関理事・委員会委員、政府審議会・懇談会委員、国際女性会議(World Assembly for Women in Tokyo, WAW!)国内アドバイザー等を歴任。男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰(2005年)、JICA第6回理事長表彰(2009年)、外務大臣表彰(2017年)。

上智大学卒。コロンビア大学国際公共政策大学院にて、国際関係修士号(人権・人道問題)を取得。国連開発計画(UNDP)で途上国が国連女性差別撤廃条約(CEDAW)や北京行動綱領やミレニアム開発目標(MDGs)等の国際目標を実施するための支援やUNDPの活動領域である貧困削減、民主的ガバナンス、環境、紛争予防・平和構築におけるジェンダー主流化に携わった。毎年、数多くの国際会合に出席し、ジェンダーと女性のエンパワーメント(女性活躍)の国際動向に詳しい。

アクセス

〒151-0011 東京都港区芝公園2−6−8 

​日本女子会館 6F-OWL

 

お電話

電話番号:03-6435-6367

  • facebook

© 2018 Gender Action Platform

​All Rights Reserved