【イベント告知】震災と女性:国際基準はどこに?~被災地から見えてきたこと~

避難所から妊産婦や乳幼児が姿を消したのはなぜ?
義援金はひとりひとりの生活再建に役立っているの?

ジェンダー・アクション・プラットフォーム (GAP)国際協力NGOオックスファム・ジャパンは日本政府主催による世界防災閣僚会議in東北【2012年7月3日(火)・4日(水)】のサイドイベ ントとして、「震災と女性:国際基準はどこに?~被災地から見えてきたこと~」(ちらし:日本語PDF) を開催します。(Information in English available here/PDF

本イベントでは、災害時のみならず日本社会が抱える課題として浮かび上がってきた「妊産婦の保護と支援のあり方」「震災対応における世帯主中心制度の壁」 に焦点をあて、被災地での支援活動に従事してきた専門家・実務者と、国際基準も踏まえて議論します。また、震災から得られた教訓をどのように日本国内の防 災体制や平時のシステムに反映させていくべきかを考えます。

日時:    2012年7月4日(水)15:00-16:30
場所:    仙台国際センター3階 白橿(しらかし)1 地図
参加費: 無料(事前登録は不要です)

総合司会:   大崎麻子  GAP アドボカシー担当
モデレーター: 目黒依子  GAP代表、前国連婦人の地位委員会日本政府代表

●●●パネリスト●●●●●●
赤石千衣子日本大震災女性支援ネットワーク/しんぐるまざあず・ふぉーらむ
石田登喜子日本助産師会福島県支部、子育て・女性の健康支援センター
平賀圭子NPO法人参画プランニング・いわて
吉田穂波国立保健医療科学院生涯健康研究部母子保健担当、東日本大震災支援プロジェクト派遣医師


なお、7月3日(火)、4日(水)の会期中は仙台国際センター2F「橘」の部屋、「ジェンダー・アクション・プラットフォーム」のブースにて、オックスファムの東日本大震災の支援概要等のご紹介も行います。是非お立ち寄りください。

◆お問い合わせ◆
ジェンダー・アクション・プラットフォーム
担当 大崎・斎藤    E-mail:gap.msaito@gmail.com