【イベント告知】 緊急シンポジウム 激動する世界とグローバル課題:気候変動、世界の貧困解消、金融取引税

12月17日(土)、「激動する世界とグローバル課題:気候変動、世界の貧困解消、金融取引税 - 市民社会と巨大財団の連携はグローバル課題解決の力となるか?」と題した緊急シンポジウムが開催されます。ゲイツ財団やオープン・ソサエティ財団と市民社会の連携が進む中、今年、それぞれの財団が市民社会を対象にアドボカシ―戦略会議や国際保健への資金確保のためのセミナーなど、市民社会国際会議を開催。今回の緊急シンポジウムでは、それぞれの会議に出席したアクティヴィストたちが集まり、グローバル課題に取り組む国際的な市民社会の在り方について、民間財団と市民社会の連携という観点から今後の可能性と課題を討議します。 詳細はこちらから  


日時:2011年12月17日(土)午後1時30分~3時30分(延長あり) 
場所:(公財)早稲田奉仕園 日本キリスト教会館6階1号室  (旧フォークト・ルーム)  
    ・住所:東京都新宿区西早稲田2-3-1  
    ・行き方:東京地下鉄東西線早稲田駅2番出口・3b出口下車徒歩5分  
   ・地図: http://www.hoshien.or.jp/map/map.html 
参加費:500円(資料代) 
定員:40名◎申し込み:以下のウェブサイトにアクセスし、申し込みフォームに所定の事項をご記入の上、ご送信ください。  <参加申し込みフォーム>はこちら 



●●●発題者●●●●●
大崎麻子さん(ジェンダー・アクション・プラットフォーム)  
   ゲイツ財団「G20時代の地球規模アドボカシー再構築」会議出席者 
上村雄彦さん(横浜市立大学准教授)  
  オープン・ソサエティ財団「国際保健への資金確保」会議出席者 
稲場雅紀さん(「動く→動かす」事務局長)  
  オープン・ソサエティ財団「国際保健への資金確保」会議出席者